共愛学園高等学校
自分発見ができる子どもたちを見守ります
自分発見ができる子どもたちを見守ります

共愛学園中学校通信 No.01 発行(教頭)

☆入学おめでとう!進級おめでとう!           文章 中学教頭 阿部 智
 2017年度がスタートしました。進級した新中3、中2の生徒のみなさん。そして新たに共愛学園中学生となった1年生のみなさん新しい年度が始まりました。この一年、それぞれが目標を持って、共愛学園中学校生徒としての自覚と誇りを持って歩んで欲しいと思います。今年の共愛学園中学校の規模は1年生が88名(男子18女子70)、転入生1名が入り2年生が83名(男子20女子63)、3年生が70名(男子20女子50)の計241名(男子58女子183)で共愛学園中学校がスタートします。先生方のスタッフは16名です。また開校129年となる今年は、「こども園」から「小学校」、「中学高等学校」、「前橋国際大学」、「学童保育」と、共愛学園は0歳児から60歳代の大学の聴講生を含め実に約2800名が学ぶ「総合学園」となっています。

 

10日午前の始業式では飽田哲也校長先生より、マタイによる福音書7章7~8節から「求めなさい。探しなさい。門をたたきなさい。」と題して奨励を頂きました。原語のギリシャ語では「求め続ける」という意味が含まれるとあります。神にあって何かに挑戦し続けると同時に、この箇所の末尾には「だから、人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい」とも教えています。それぞれが目標に向かって求めまた努力し続けると同時に、「共愛学園」の名前にふさわしく、隣人を大切にする学園生活を実践したいと思います。また始業式のお話しの中で、大矢歩先輩が紹介されました。大矢先輩は共愛学園英語科進学コース出身(2013年度卒)で、女子サッカー「なでしこジャパン」の日本代表に選抜され、9日に行われたコスタリカとの親善試合でも後半に見事出場を果たしました。在学中から英語とサッカーに真剣に取り組み、日本代表に選ばれた先輩です。私達も見習いたいと思います。
そして、午後の入学式ではヨハネの福音書15章から「共愛学園」校名の由来のお話しがあり、その中で校長先生は、「神様に導かれて、選ばれて集ったこの共愛学園で、共に学び成長し、そして生涯の友に出会って欲しい」と私たちへの期待を述べてくれました。

~新スタッフの先生方の紹介~
★望月達朗(もちづきたつろう)先生:中学1年副担任  聖書科
 昨年度まで教会の牧師をしていました。生まれは中学までが神戸(阪神淡路大震災を経験)で、その後は滋賀そして京都で学生生活を送り、大阪の教会で働き始めました。群馬に来て6年、共愛学園で聖書を教えるのは2年ぶり、中学校で教えるのは初めてです。共愛学園が大切にしている聖書を一緒に楽しく学びましょう。趣味はサッカー日本代表の試合観戦、アコースティックギター、また長風呂好きです。

★髙橋芳音(たかはしかのん)先生:中学2年b組担任  社会科
 高校普通科進学コースから中学校に異動となりました髙橋芳音です。共愛学園に勤めて5年目になります。教科は社会科を担当しています。部活動は中高バレーボール部(女子)をみています。現在バレー部では中学生の部員を大募集しています。一緒にバレーボールに励みましょう。趣味はトランペット、旅行、そして食べることです。

★藤岡孝輔(ふじおかこうすけ)先生:中学2年副担任  数学科
2年副担任で教科は数学です。共愛学園高校、普通科特進コースの出身で、大学時代(新潟)は「アカペラ」に励み、グループで東北大会まで進みました。高校一年の時に東日本大震災をこのキャンパスで体験しています。趣味は野球観戦で西武ライオンズファンです。また音楽を聴くのも大好きです。楽しく分かりやすい数学の授業を心掛けたいと思います。

保護者の皆様へ 本年度も宜しくお願い致します。次の点のご確認をお願いします。

① 配布物・プリント確認についてのお願い
生徒並びに保護者の皆様への配布物に関しましては、ご家庭でも配布物また配布プリントの確認をお願い致します。
② 学校連絡について
朝8時以降(その前はつながりません)の連絡      027-267-1000です。
夕刻17:30~19:00の間の連絡は(直通)    027-267-1018です。

写真付きの学校通信はこちら

前の記事:共愛学園中学校通信 No.14 発行(教頭)   次の記事:共愛学園中学校通信 No.02 発行(教頭)