共愛学園高等学校
6年間で描く自分の未来
6年間で描く自分の未来

中高一貫教育

13歳から15歳。16歳から18歳。思春期から青年期の入り口までのこの時期を受験というシステムで分断しているのはとても残念なことです。

13歳から15歳。16歳から18歳。思春期から青年期の入り口までのこの時期を受験というシステムで分断しているのはとても残念なことです。
国際化・高度情報化をはじめ、科学技術の発達や産業構造の変化など、社会は大きく、急激に変化しています。このような時代、子どもたちの多様な個性や能力を伸ばしていくことは教育に課せられた大きな責務といえます。
特に英語などコミュニケーション能力を伸ばす科目では、学習環境の一貫性は不可欠といえます。学園は、この大切な6年間を全体として教育の場としてとらえ、それぞれの科目の基礎から応用まで深く学ぶ学習環境を実現しています。
松岡 光里さん
(渋川市立渋川南小学校)

共愛学園では同じ校舎内で中学生と高校生が生活をしています。中学生の頃から先輩方に身近で接することが出来るので、高校や大学、将来の夢などについて深く考えることができます。そのため私は将来や目標に向けてますます勉強に励むことができるようになりました。また、部活動では中学生が高校生と一緒に活動できる部活もあります。特に伝統行事のバザーでは中高生が協力して取り組み、心温まる空間を創り上げ、多くのお客様を迎えることができました。