共愛学園高等学校
仲間を大切にすることでの自己発見
仲間を大切にすることでの自己発見

他を思いやる心

思春期のみずみずしい感性が出会う様々な経験は、自分を発見することと同時に他者を発見する、人の成長の中で大切な経験です。

思春期のみずみずしい感性が出会う様々な経験は、自分を発見することと同時に他者を発見する、人の成長の中で大切な経験です。
例えば「花の日」。今や世界共通語となった英語を、心と心を通わす「生きた言葉」として身につけてほしいと学園は考えています。生きた英語に触れる時、そこから広がる新しい世界の予感に、子どもたちの表情は生き生きと明るく輝きます。そんな子どもたちの意欲と感動をもっと深めていってもらいたいと、学園はネイティブの英語教師による授業や学園高校に留学して来ている留学生たちとの交流など様々な機会を設けています。中学3年時にはオーストラリア短期留学を行っています。
宮下 秀人さん
(前橋市立城南小学校)

共愛学園では「他を思いやる心」が普段の生活で育まれています。ですが、実際他を思いやることは難しいと思います。共愛学園では友達と楽しい事がたくさんありますが、当然個性や考え方の違いはありますし、時には気持ちが分かり合えないこともあります。そうした時に僕達は「共愛学園」の精神を学びます。毎朝の礼拝や授業、また行事などを通して仲間を大切にすることを知りました。このことは部活動でも同じで、周囲の人たちの支えがあって今の自分があるのだと思います。