共愛学園高等学校
1888年から力を注いできた共愛の英語
1888年から力を注いできた共愛の英語

英語教育

英語教育は、明治21年共愛学園創立当初から力を注いできた分野です。

英語教育は、明治21年共愛学園創立当初から力を注いできた分野です。今や世界共通語となった英語を、心と心を通わす「生きた言葉」として身につけてほしいと学園は考えています。
生きた英語に触れる時、そこから広がる新しい世界の予感に、子どもたちの表情は生き生きと明るく輝きます。そんな子どもたちの意欲と感動をもっと深めていってもらいたいと、学園はネイティブの英語教師による授業や学園高校に留学して来ている留学生たちとの交流など様々な機会を設けています。中学3年時にはオーストラリア短期留学を行っています。
渡邉 優雛さん
(前橋市立中川小学校)

私は小さい時から英語が好きで、「生きた英語」に触れるチャンスを求めて共愛学園に入学しました。共愛学園では、校内英語スピーチ・レシテーションコンテスト、ネイティブの先生方の英会話の授業、英検やTOEIC Bridge、中学3年で行くハワイ修学旅行やオーストラリア短期留学(希望者)など、英語力向上に向けて、魅力的な環境が整っています。英語を初めて勉強する人でも先生方が基礎から丁寧に教えてくれるので英語を楽しく学ぶことが出来ます。