共愛学園高等学校
学園の一日は礼拝から始まります
学園の一日は礼拝から始まります

キリスト教主義教育

学園の1日は礼拝から始まります。

キリスト教主義教育
学園の1日は礼拝から始まります。静かに聖書の言葉に耳を傾け、賛美歌を歌うことは、あわただしい毎日の中にあって自分自身に戻る貴重な体験になるはずです。キリスト教主義は「愛」と「個」をとても大切にします。
学園で過ごす3年間、クラスの友だちやクラブ活動で、あるいは教師との触れ合いなど様々な出会いと体験の中で、子どもたちは目を見張るような成長を遂げます。そして子どもたちは自分の可能性を信じ、希望に向けた一歩を力強く踏み出しています。かけがいのない子どもたちの「愛」と「個」の成長を願い、助けること、学園の基本的な教育の方針もここにあります。
村上 優衣さん
(前橋市立時沢小学校)

共愛学園の朝は礼拝から始まります。礼拝では讃美歌を歌い、聖書を読み、聖書からいろいろなお話を聞くことが出来ます。心を新たにして一日を始めることが出来るので、私は朝の礼拝が大好きです。私たちの学園はイースターやクリスマスなどキリスト教ならではの行事が沢山あり、他の学校では得られない貴重な経験が出来ます。また、聖書の授業を通しては、神様の愛を知ることによって、隣人を大切にすることを学んでいます。