共愛学園中学校

HOME > 学園案内 > 共愛学園のあゆみ

わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。これがわたしの掟である。

共愛学園のあゆみ

1888年(明治21年)、前橋英学校の女教師、不破きよ・村山ゆき・笹尾縫らの呼びかけで始まった女学校設立の動きは、 深沢利重・高津仲次郎・湯浅治郎・不破唯次郎ら教会有志の協力によって、前橋英和女学校としてその実を結びました。新島襄の助力、地元の教会の支え、アメリカン・ボード宣教師の協力もあり、その基礎が固まりました。

以後、多くの人々の期待と支援に支えられながら、その校名を前橋英和女学校、上毛共愛女学校、共愛女学校と変えながら、現在の保育園・幼稚園・中学校・高等学校・大学を擁する総合学園として発展、数多くの卒業生を送り出し、120有余年の歴史をこの群馬の地に刻みつけてきました。


1886年 前橋英学校の設立認可
設立者 高津仲次郎ほか
校主 加藤勇次郎
1887年 前橋英学校を前橋南曲輪町24番地に移転
1888年 前橋英和女学校を前橋南曲輪町24番地(現在の大手町2-8番地)に設立認可
1889年 校名を上毛共愛女学校と改称
前橋岩神村494番地に移転
1892年 上毛共愛女学校第一回卒業式
この年アメリカン・ボード宣教師館(東館)[現学園所蔵]建設
1905年 校名変更「共愛女学校」と改称
1944年 高等女学科の設置決定
幼児園を付設経営とする
1945年 前橋大空襲のため、学園の校舎・諸施設焼滅
周校長による再建作業始まる
1947年 中学校併設